南半球に位置するオーストラリア。

シドニー、ケアンズは日本人も多く旅行に訪れる人気の観光地です。

日本の四季とオーストラリアの四季は真逆なので、日本が寒い冬の時期に、夏真っ盛りのオーストラリアに旅行に行く人も多いですよね。

今回の記事ではシドニーの定番スポットをご紹介します。

シドニーの超定番観光スポットは?

広大な国土をもつ、オーストラリア。
シドニーは観光客に人気の都市で見どころも多い場所。

どこに行けばいいの?と悩んだら、まずは超定番のスポットへ訪れてみてはいかがでしょうか。

シドニーに行ったら、まずここを見ないと!」という、おすすめのスポットをご紹介します。

オペラハウス


シドニーに来たらまず見たいのはオペラハウス。
シドニーのシンボルというべきオペラハウスは独特な形をした建物として有名です。

白い貝殻とも、ヨットの帆が膨らんだとも言えるデザインはどの角度から見ても美しいと評判です。

多くの観光客はオペラハウスを背景に写真を撮るだけで終わることが多いです。

コンサートやオペラ、演劇が年間1600以上も公演されています。

劇場だけでなく、カフェやレストラン、図書館やギャラリーがある複合施設です。

オペラハウスは内部の見学も可能で日本語ガイドが1時間ほどかけてオペラハウス内部を案内してくれるツアーが人気です。

オペラハウス(Opera House)

住所:Bennelong Point, Sydney NSW
電話番号:+61 (02) 9250-7111
開館時間(ボックスオフィス):9:00〜20:30(日)10:00〜18:00
休日(ボックスオフィス):祝日
ホームページ:https://www.sydneyoperahouse.com

ダーリングハーバー


ダーリングハーバーはミュージアムやショッピング・モール、レストランやカフェが軒を連ね人気観光スポットです。

観光客だけでなく、地元の人も集まる場所です。
コックルベイという場所にはたくさんのクルーズ船やクルーザーが碇泊しています。

ひときわ大きい軍艦もあり、目を引くのですが実はこの軍艦、海洋博物館担っています。

ここ、ダーリングハーバーは一般車両は入れないので、のんびりと散策して楽しむことができるスポットです。

毎週土曜日の夜20:30から、花火が打ち上がり、観光客に人気です。

ダーリングハーバー(Darling Harbour)

住所:Darling Harbour NSW2000
電話番号:+61 (02) 9240-8500
ホームページ:http://www.darlingharbour.com

ハーバー・ブリッジ

オペラハウスにつぐ、シドニーのシンボルといえば、ハーバー・ブリッジです。

とても存在感のある橋で目を引きます。
建造して90年近い巨大な橋はとても重厚感があります。

 

高さは134メートル、横幅は49メートルで鉄のアーチ型の橋としては世界一を誇ります。

多くの車両が行き交うハーバーブリッジは歩いて渡ることもできます。

橋の上から眺めるオペラハウスやシドニーの街並みはとても綺麗なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)

住所:3 Cumberland Street, The Rocks, Sydney NSW
電話番号:+61 (02) 8274-7777
開館時間:9:00〜20:30(日)10:00〜18:00
休日:年中無休
ホームページ:http://www.bridgeclimb.com/

アウトドアが好きな人におすすめのスポット

シドニーはビルが多く立ち並ぶ大都市ですが、少し足を伸ばせば、スケールが大きな自然が広がっています。

ちょっと足をのばして、シドニーの自然に触れてみるのもおすすめです。

日本の国土の約20倍を誇るオーストラリアの自然は体験する価値ありです。

ブルーマウンテンズ国立公園

シドニーから2時間で行ける大自然!
ブルーマウンテンズ国立公園はオーストラリアの壮大な自然を感じることができるスポットです。

世界遺産にも登録されているブルーマウンテンズ国立公園100万ヘクタールに及ぶ敷地を誇り、ユーカリの森が広がる原生林です。

このスケールの景色は日本では見ることができません。

体力に自信がない人でも公園内を気持ちよく歩けます。

小さいお子様からご年配の方まで、多くの人が訪れている国立公園です。

展望台から望む、スリーシスターズと呼ばれる奇岩もみどころのひとつです。

スリーシスターズ(3姉妹)と呼ばれる理由とは
いくつかありますが、一つはその昔アボリジニの3人の姉妹が、隣村のアボリジニの戦士に恋をしたそうです。

ですが、この時代では異なる部族間の結婚はタブー。

賢者の魔法により3姉妹が岩に変えられてしまったからなんだそうです。

部族間の戦争で賢者は死に、魔法を解く者がいなくなり現在も3姉妹は岩のままなんだそうです。

ブルーマウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)

住所:NSW,
営業時間:24時間
入場料:無料
ホームページ:http://www.nationalparks.nsw.gov.au/visit-a-park/parks/blue-mountains-national-park

ボンダイビーチ

波が高く、多くのサーファーが訪れているビーチです。

ボンダイビーチはシドニーで1番近く訪れやすいこともあり、多くの観光客もいますが、波が高いので、海水浴をしている人は少なめ。

ビーチにはレストランやカフェが並んでいます。

高く打ち付ける迫力の波を見ながら食事を楽しんだり、ゆっくり過ごすのにも最適な場所です。

水着がなくても十分楽しめるビーチです。

サーフィンが好きな人なら、きっと気にいるビーチになるでしょう。

ボンダイビーチ(Bondai Beach)

住所:Queen Elizabeth Drive, Sydney NSW,

ハーバー・ブリッジのブリッジ・クライム

先ほどご紹介した、ハーバー・ブリッジの橋の最も高い部分まで歩いて登るというアトラクションが人気です。

都市部でも、アウトドアを楽しめるのがシドニーが持つ魅力のひとつです。

ハーバー・ブリッジの高さは海面から高さ134メートルの位置にあり、360度パノラマの圧巻の景色を見せてくれます。

安全装置付きのクライミングスーツを着けるので、事故の心配はありませんが1300段の橋の階段を登るときは足がすくんでしまいます。

安全のため、カメラの持ち込みは禁止ですが、頂上でグループ写真の記念撮影があります。

頂上まで登るコースと、途中まで登るコースなど、種類があるので参加する場合はチェックしてみてくださいね。

価格も時期やコースによって異なります。

人気アトラクションなので、多くの現地ツアーが用意されています。

ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)

住所:3 Cumberland Street, The Rocks, Sydney NSW
電話番号:+61 (02) 8274-7777
開館時間:9:00〜20:30(日)10:00〜18:00
休日:年中無休
ホームページ:http://www.bridgeclimb.com/

シドニーは映画のロケ地が多い?!

オーストラリアは映画のロケ地として頻繁に登場しています。
今回はその中でも、人気映画に登場したロケ地をご紹介します。

マトリックス

日本でも大人気となったマトリックス。
舞台はニューヨークという設定でしたが、実は第1部〜第3部まで、シドニーで撮影されています。

ロケ地をあげれば、キリがありません。

  • ロックス
  • マーティンプレイス
  • レッドファーン
  • サリーヒルズ
  • ジョージ・ストリート
  • ピット・ストリートハンター・ストリートの交差点などなど

シドニーはマトリックスファンには最高の場所ですね。

ミッションインポッシブル2

トム・クルーズ主演のスパイ映画、ミッションインポッシブルの2作目の一部分はシドニーで撮影が行われています。

ミッションインポッシブルといえば、ド派手なアクションが印象的ですよね。

シドニーでの撮影もかなり大掛かりで、撮影に居合わせた人は映画製作のシーンをみて盛り上がったと言います。

主なロケ地はロックス、ダーリングハーバー、エリザベスベイなどです。

どんな風にして映画を作っているのか。
その現場を見られたらラッキーですね。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

大人気X-MENもシドニーで撮影されました。

主人公ウルヴァリンの誕生の秘密を描いたウルヴァリン:X-MEN ZEROがシドニーで撮影されたのです。

主人公ウルヴァリンを演じたヒュージャックマンはシドニーの出身ということもあり、本作はオーストラリアでも大ヒットしたそうです。

主なロケ地はセンテニア・パーク、ロゼル、コッカトゥー・アイランドなどです。

個人的には、X-MENが撮影されているときに、シドニーを訪れたかったと思いました(笑)。

ワンポイント講座 旅行で使えるオーストラリア英語

オーストラリア英語の発音はアメリカ英語ともイギリス英語とも違います。
知っている英語と少し発音が違うかもしれませんが、オーストラリア英語の発音じゃなくても、ちゃんと通じます。

  • Thank you(タンキュー)ありがとう
  • Ta(ター)ありがとう
  • G’Dday(グッダイ)こんにちは
  • How can I get there?(ハウ カナイ ゲッゼア?)どうやってそこへはいけばいいですか?
  • Name (ナイム)名前
  • No worries(ノー ウォーリーズ)どういたしまして。

 

「ありがとう」を「サンキュー」ではなく「タンキュー」と言ったり「ター」と言ったりするのはオーストラリア独自の表現です。

「どういたしまして」は、「Your welcome」という表現を使うのが多いイメージですが、オーストラリアでは「No worries」の方が一般的です。

まとめ

人気観光地、シドニーの超定番スポットをお伝えしました。

シドニーを訪れた際は、ぜひ立ち寄って見てくださいね。

シドニーの超定番観光スポットは

  1. オペラハウス
  2. ダーリングハーバー
  3. ハーバー・ブリッジ

アウトドアが好きな人におすすめなスポットは

  1. ブルーマウンテンズ国立公園
  2. ボンダイビーチ
  3. ハーバー・ブリッジのブリッジ・クライム

シドニーをロケ地にした超人気映画は

  1. マトリックス
  2. ミッションインポッシブル2
  3. ウルヴァリン:X-MEN ZERO

都会と自然の両方を楽しめるシドニー。
初めての海外旅行に行く、という人にもおすすめの場所です。

全てが広々としたシドニーでは気持ちもリフレッシュして楽しい旅行になるでしょう。